愛車を少しでも長持ちさせるために車検やメンテンスはとても重要!

女性

長く大切に乗るために

自動車

大切にしていた自動車に傷が付いてしまうとショックです。自分の不注意で車庫入れの時に後ろの壁にぶつけてしまった経験がある人もいるでしょう。また、駐車場に駐車して買い物などを済ませ、自分の車に戻ると今までなかった傷がついていた経験をした人もいるはずです。自分の不注意ならまだ納得はいくかもしれませんが、誰かにつけられた傷で修理に出すのは納得できないでしょう。

傷の大きさにもよりますが、修理に出さなくても自分で修復することもできます。自動車の傷で多いのがバンパーの傷です。バンパーは舗装路地や駐車するときの車庫入れで最も傷をつけやすい箇所の一つです。傷の具合が浅かったら、磨くだけで簡単に傷が目立たなくなる可能性もあります。コンパウンドを指先大の大きさ取り、スポンジを使って軽く潰れる程度の力で一直線に磨き上げます。磨いているとキュッキュッと音がするとでしょう。それは磨きが上手くいってる証拠です。

また、自動車を長く使うと塗装が剥がれることがあります。このような場合も自分で塗装を修復することができます。まずは自分の自動車の色をチェックします。塗装する色も自動車を同じ色を用意します。もし、間違って違い色で塗装してしまうと、塗装した部分が目立ってしまいます。塗装する際も一気にやらないで、数回に分けて塗り重ねていくことがコツです。傷が完全に見えなくなるまで塗ることが肝心です。一度にある塗りをすると液だれの原因となっていまします注意しましょう。このように、自分で修復することもできます。しかし、傷がひどい場合は自分で修復せずに修理に出したほうが良いでしょう。大事な自分の自動車は傷がつかないように大切に運転しましょう。